読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zamagraph

写真を楽しく撮影しよう!

キャノン「EOS Kiss X8i」と「EOS Kiss X9i」機能・性能比較と新機能

f:id:quoqlishkun:20170315101300j:plain

先日発表された「EOS Kiss X9i」とすでに発売されている同じエントリー機「EOS Kiss X8i」の性能比較と新機能の紹介していきたいと思います。

センサー刷新、AF速度と高感度性能がアップしたとされていますが、具体的にどのような部分が変更されたのかを説明していきます。

主要なスペック変更点

 

製品名EOS Kiss X8iEOS Kiss X9i
映像エンジン DIGIC 6 DIGIC 7
連続撮影速度 最高約5.0コマ 最高約6.0コマ
ISO感度 ISO100~12800 ISO100~25600
測距点 19点 45点
Bluetooth

何が変わったのか

DIGIC 7が採用された

すでに販売されているハイエンドコンパクトデジカメ「PowerShot G9 X II」やミラーレス一眼「EOS M5」などに搭載されている、エンジン「DIGIC 7」が搭載されています。

これによって、常用感度はISO100~25600になっています。

AFセンサーの変更

オートフォーカスセンサーが強化されたことにより、測距点が45点になっています。EOS 7D Mark IIのオールクロス65点AFまで迫る勢いです。

EOS Kiss X8iへアップデートされた際にオールクロス19点AFが注目されましたが、エントリー機としては過去最高です。

さらに「デュアルピクセルCMOS AF」がエントリー機で搭載されたことで、ライブビュー時などのAFが高速化されています。

Bluetoothが初搭載

WiFi接続の場合、一度接続しているWiFiから接続解除して、カメラのWiFiへ切り替えなければなりませんでした。Bluetoothにも対応することで、WiFiでの接続の手間を省くことができます。

これにより、WiFi接続時に比べてリモート撮影や画像の転送を低消費電力に抑えることができます。

本体の外観スペック

 

製品名EOS Kiss X8iEOS Kiss X9i
大きさ 約131.9(幅)×100.7(高さ)×77.8(奥行)mm 約133.1(幅)×99.8(高さ)×78.8(奥行)mm
質量 約510g(本体のみ) 約525g(本体のみ)

EOS Kiss X9iでは数ミリ程度の大きさしか変わっていません。しかし、重量に関しては30グラムほど軽くなっているます。

EOS Kiss X7ほどの軽量化は実現できていませんが、比較的軽くなっています。

まとめ

エントリー機の非常に苦手な場所は高感度撮影をしなければいけない暗いシーンであったり、測距点を多く必要とするシーンです。

そういった点は、全モデルから圧倒的進化を遂げているので、そのようなシーンを積極的に撮影したいというエントリーユーザーにはおすすめしたいです。

cweb.canon.jp